一般社団法人 膜分離技術振興協会
TEL:03-6712-0191 FAX:03-6712-0192
| 新着情報 | 膜関連リンク集 | お問合わせ |
協会の案内
水道用膜モジュール
機関紙JOMA
出版物のお知らせ
リンク集
お問合わせ
最終更新日:2014年 7月 24日

水道用膜モジュール

水道用膜モジュールとは

平成12年2月に公布された厚生省令第15号「水道施設の技術的基準を定める省令(施設基準)」のなかで、 『浄水又は浄水処理過程における水に接する資機材等の材質は、大臣が定める資機材等の材質に関する試験(厚生省告示第45号)に定められている基準に適合するものでなければならない』と明記されています。

この省令(施設基準)及び「資機材等の材質に関する試験」に対応するよう、「水道用膜モジュールが水道施設で使用される資機材として具備すべき要件を備えているか」、「浸出試験結果が基準に適合しているか」、等を評価するために、従来規格を全面的に見直し、新たに膜分離技術振興協会の水道用膜モジュール規格(AMST規格)として制定されました。

平成15年5月の水質基準に関する省令の改正に伴うその後の「資機材等の材料試験に関する試験」の改正や、最新の技術動向を反映した内容にするため、AMST規格は逐次改訂を行っています。
 本規格の最新内容は、(財)水道技術研究センターの監修で、膜分離技術振興協会が発行する、「水道用膜モジュール性能調査規定集」を参照してください。現在最新の規定集は第六版改1です。

 <水道用膜モジュール性能調査に関する規定>
水道用膜モジュール規格は、現在、次の4種類です。
AMST-001 水道用精密ろ過膜モジュール及び限外ろ過膜モジュール規格
AMST-002 水道用逆浸透膜モジュール及びナノろ過膜モジュール規格
AMST-003 水道用海水淡水化逆浸透膜モジュール規格
AMST-004 水道用大孔径ろ過膜モジュール規格

AMST-001英語版はこちら

これらの規格に適合する膜を、「水道用膜モジュール」と称します。
また、これらの水道用膜モジュ ール規格合格品には、『規格認定書』が発行されると共に、右図の『規格合格品ラベル』を貼付することができます。

右記の水道用膜モジュール規格合格品は、水道用膜モジュール認定品一覧表に記載しています。

(ラベルの寸法:縦75mm,横105mm)
膜分離技術振興協会